当社の方針

基本

(有)三宅保険事務所では、
まず、みなさんに本当に保険が必要かどうか、考えていただきます。
なぜなら日本には、いろんなリスクに備えてさまざまな公的保障があるからです。

基本

公的保障って何でしょうか?
たとえば車を買うと、必ず自賠責保険に加入しないといけませんね。自賠責は、人身事故の被害者への補償です。同じように、早死には遺族年金、障害者になった場合は障害年金、労働事故には労災保険、病気やケガには健康保険、失業には失業保険、介護状態には介護保険、などがあります。これらが、公的保障です。

基本

もし、みなさんに何かあった場合、それらの公的保障で十分対処できるのであれば、保険は必要ありません。当然、場合によっては「あなたには保険は要らないですよ」とアドバイスすることも大事にしています。

基本

一方、公的保障だけでは不十分なのであれば、不足する分だけ、必要な期間だけ、民間の保険で用意すればよいのです。

基本

もし保険が必要な場合は、最適な保険を一緒に考え、「保険を通じて、皆様に安心を提供する」ことを、使命としています。
copyright (c) 2005 -2010 miyakehoken. All Rights Reserved.有限会社 三宅保険事務所